まいにちのeurekaドリル

日々の様々な疑問を取り上げeurekaしていくブログです。いつもeurekaの種を蒔く。

芥川賞と直木賞、どう違うの?

f:id:eureka-leaf:20200601223857j:image

本好きでなくても、耳にしたことはあるであろうこの二つ。どう違うのかご存知ですか?

 

どちらも文藝春秋の創設者である、菊池寛さんが1935年に創設したようです。

 

さっそく答えを書いてしまいますね。

芥川賞=純文学

直木賞=大衆小説

 

そんな棲み分けがあるようです。ジャンルが違うので、両方受賞はないんですね。

 

そのほかの賞にはどんなものがあるでしょうか。

 

川端康成文学賞=短編が対象。


吉川英治文学賞=後援は講談社。エンタメ系文学賞の中では最高峰とも言われています。


谷崎潤一郎賞中央公論社が創業80周年記念として創設した賞で、小説や戯曲が対象。


ノーベル文学賞川端康成が日本人初受賞。ボブディランやカズオイシグロが数年前に受賞しましたね。


ブッカー賞=イギリスの文学賞で、長編小説が対象


ピューリッツァー賞コロンビア大学主催の、アメリカで最も権威のある文学賞

 

 

 

芥川賞で記憶に新しいのは、又吉直樹氏の「火花」があります。

芸人が書いた小説と話題になりました。

芸人の小説というと、その先駆けてある、劇団ひとりの「陰日向に咲く」が個人的に印象に残っています。

 

直木賞受賞作の「空中ブランコ」で奥田英朗の魅力を知りました。

 

吉川英治文学賞として印象に残っているのは、伊坂幸太郎の「アヒルと鴨のコインロッカー」は何度も読みたくなる作品です。

 

 

こうして書いていると、また本を読みたくなりました。

 

 

以上、ここまで読んでいただいた方、ありがとうございました。

何か思うところがあれば、コメントを頂けると恐悦至極です。